Главная » 2013 » Декабрь » 10 » Пресняков Максимильян. Биографическая справка на японском языке
11:42
Пресняков Максимильян. Биографическая справка на японском языке

 

マクシミリアン・プレスニャコフ

 

マクシミリアン・プレスニャコフ氏は1968年にウラジオストクで生まれた。ロシア画家組合のメンバであり、ロシア高等学校名誉教師の称号を持つ。リャザン芸術大学を1987卒業した後、モスクワ国立芸術院1996卒業。両親(父アナトリー、母リュドゥミラ)は職業画家であり、ウラジオストク極東芸術院卒業後、生涯にわたり教育活動に従事した。父方の高祖父であるスチェパン・プレスニャコフ氏は宗教画家であり、ロシア北部および中部の正教会内部のイコンと壁画を制作した。母方の祖父は、良質の木材を用いた意匠家具の製作に従事し、祖母は薄織物の美術加工職人として、刺繍と繊維彩色の技術に長けていた。

現在、マクシミリアン・プレスニャコフ氏は、民俗芸術大学リャザン校の準教授およびリャザン・アートスタジオの所長である。また、氏はリャザンとモスクワで出版された多くの書籍のテザインに携わり、展覧会への出展や、グラフィックスと絵画によるアート作品の制作などを行ってきた。これまでに200以上の展覧会出展し、海外ではオランダ、スイス、ベラルシ、ウクライナ、インド、香港、ドイツ、スペイン、モンテネグロ、イタリア、ポルトガルで出展している。出展した展覧会のうち、40回は個展(オランダ、ベラルシ、ロシア)である。彼の作品は、ロシア内外のギャラリーや個人のコレクションとして所蔵されているだけでなく、ロシア国内の博物館にも収められている。マクシミリアン・プレスニャコフ氏は、芸術に関する記事を雑誌等に執筆するだけでなく、芸術理論に関する書籍を多数著している。以下、執筆書籍。「учебного пособия по художественной перспективе(遠近法のテキスト)」(2003)、『Б.А.Дехтерёв. "Беседы о композиции"(デェフチャリョフ「構図についての対談」)』(テキスト、共著、2009)、『Композиционное мышление, художественный образ и познание(コンポジット・シンキング、芸術のイメージと認識)』(2010)、『О душевном и духовном в искусстве. Размышления над книгой В.Кандинского "О духовном в искусстве"(芸術における精神性-カンディンスキー著「芸術における精神的なもの」についての考察-)』(2011)、『Перспектива遠近法』(指導書、2012)、『Беседы в мастерской графики(グラフィックについて対談)』(グラフィック技術についてさまざまなトレーニング法、2012)、『Свет и изображение. Заметки художника(光の表現とイメージ-画家の覚書-)』(2013)、『Орнаментализм в изобразительном искусстве и структурность композиционного мышления芸術における装飾主義と構造的コンポジット・シンキング)』(2013)

マクシミリアン・プレスニャコブ氏は、伝統的なスタイル近代的なスタイルや主題を扱いながら、様々なジャンルと手法いて作品制作しているえば、油彩水彩によって写実的で幻想的な風景画を描き、物語絵や歴史絵画、象徴絵画を制作している。また音楽文学作品にも関心がある。1990年代半ばから作家や研究者たちと協働してСлавянским циклом(古代スラブ作品群)』の制作を開始した。この作品群には、古代スラブ神話と古代スラブ人の生活にまつわる個別の絵画作品と連作のイラストレーションが含まれている。













Просмотров: 669 | Добавил: Admin | Рейтинг: 0.0/0
Всего комментариев: 0
Имя *:
Email *:
Код *: